エンティティに属性を追加する - 7.0

Talend MDM Platform入門ガイド

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
ここで作成したエンティティに異なる属性を定義する必要があります。

手順

  1. ビジネスエンティティMovie[anonymous type] (匿名のタイプ)を展開し、デフォルトの[Primary Key] (主キー)を右クリックし、コンテキストメニューで[Edit Element] (エレメントの編集)をクリックします。
  2. 名前をIdに変更し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  3. Idを右クリックし、コンテキストメニューで[Add Element (after)] (エレメントの追加(後ろ))をクリックし、次のテーブルに示す特性を持つ以下の各エレメントを追加します。

    この例では、2つのカスタムタイプ属性SourceURLRatingが追加されます。詳細は、カスタムタイプ属性の定義を参照して下さい。

    エレメントタイプ

    エレメント名

    最小出現

    最大出現

    文字列

    Title

    1

    1

    int

    ReleaseYear

    1

    1

    RatingType (定義済みのカスタムタイプ)

    Rating

    1

    1

    URL (デフォルトのカスタムタイプ)

    SourceURL

    0

    1

    文字列

    Director

    0

    1

  4. 変更を保存します。

    [Validation Result Dialog] (検証結果ダイアログ)ダイアログボックスが開き、検証結果が表示されます。

  5. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  6. Directorエンティティで、そのデフォルトエレメントの名前DirectorIdIdに変更し、次の属性を追加します。

    エレメントタイプ

    エレメント名

    最小出現

    最大出現

    文字列

    名前

    1

    1

  7. Customerエンティティで、デフォルトエレメントの名前CustomerIdIdに変更し、デフォルトエレメントのタイプをデフォルトカスタムタイプUUIDに変更します。詳細は、カスタムタイプ属性の定義を参照して下さい。
  8. 以下の属性をCustomerエンティティに追加します。
    この例では、匿名複合タイプMovieInfoの属性が追加されます。詳細は、複合タイプ属性の追加を参照して下さい。

    エレメントタイプ

    エレメント名

    最小出現

    最大出現

    文字列

    FirstName

    1

    1

    文字列

    LastName

    1

    1

    文字列

    Gender

    1

    1

    int

    Age

    1

    1

    匿名複合タイプ

    MovieInfo

    0

    1

タスクの結果

データモデルMovieでは、全てのエンティティMovieDirector、およびCustomerに属性が入力されています。