カスタムロールの作成 - 7.0

Talend MDM Platform入門ガイド

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング

Talend Studioにはきめ細かいセキュリティ機能が備わっています。以下の手順では、2つのカスタムロール、Movie_ManagerMovie_Userの作成方法を説明します。

実際のプロジェクトでは、Movie_Userロールを持つユーザーは、たとえばWebユーザーインタフェースからのデータエントリなど、通常のユーザータスクを担当する従業員で、他方、Movie_Managerロールを持つユーザーは、ユーザーにWebユーザーインタフェース内のデータにアクセスする権限を付与するなどの管理タスクを遂行する、より上位の従業員であることが考えられます。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで[Role] (ロール)を右クリックして、コンテキストメニューから[New] (新規)を選択します。

    [New Role] (新しいロール)ダイアログボックスが表示されます。

  2. 新しいロールの名前をフィールドに入力し、[Next] (次へ)をクリックします。

    この例では、Movie_Managerを入力します。

  3. [Normal User] (通常のユーザー)オプションを選択し、[Finish] (終了)をクリックします。

    ワークスペースにエディターが開きます。

  4. [Description] (説明)のとなりの[...]をクリックしてダイアログボックスを開き、新しいカスタムロールに多言語ラベルを追加します。

    このサンプルでは、[English] (英語)言語にMovie_Managerと入力し、[+]ボタンをクリックしてリストのデフォルト値を上書きし、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

  5. [Permissions] (権限)エリアで、[Object Type] (オブジェクトタイプ)リストから[Data Container] (データコンテナ)を選択します。リストからMovieを選択し、[Read Only] (読み取り専用)オプションはそのままにして、[+]ボタンをクリックしてアクセスリストに追加します。
  6. [Object Type] (オブジェクトタイプ)リストから[Data Model] (データモデル)を選択します。リストからMovieを選択し、[Read Only] (読み取り専用)オプションはそのままにして、[+]ボタンをクリックしてアクセスリストに追加します。
  7. Ctrl+Sを押し、変更内容を保存します。
  8. 同じ手順に従って、英語ラベルがMovie_Userに設定されている新しいカスタムロールMovie_Userを追加します。

タスクの結果

2つの新しいカスタムロールが作成されます。カスタムロールが作成されたら、Talend Studioでアクセス権を付与することができます。また、承認されたビジネスユーザーは、Talend MDM Web UIを使用してカスタムロールを任意のユーザーに割り当てることができます。