例 - 7.0

tRunJobジョブスクリプトプロパティ

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend CommandLine
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > システムコンポーネント
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > システムコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > システムコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

以下の例では、親ジョブ内で、tRunJobが、childという名前の定義済みコンテキスト変数に基づいてchild_1child_2の2つの子ジョブを1つずつ動的に呼び出すように構成されています。親ジョブが実行されると、呼び出す子ジョブの名前を入力するようユーザーに促すプロンプトメッセージが表示されます。

DEFAULT_CONTEXT: Default,
ContextType {
	NAME: Default
	addContextParameter {
		NAME: child,
		TYPE: id_String,
		VALUE: "",
		PROMPT: "Specify the Job to run:",
		PROMPTNEEDED: true
	}
}
addComponent {
	setComponentDefinition {
		TYPE: "tRunJob",
		NAME: "tRunJob_1",
		POSITION: 256, 160
	}
	setSettings {
		USE_DYNAMIC_JOB : "true",
		CONTEXT_JOB : "context.child",
		PROCESS : "child_1;child_2",
		PROCESS:PROCESS_TYPE_PROCESS : "_YmHRUI78EeehN7VTh9zIVw;_dX3JEI78EeehN7VTh9zIVw"
	}
}