データスチュワードとしてタスクを委任する - 7.3

Talend Data Stewardshipの例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理

データスチュワードは、何らかの理由で同じキャンペーンの一部のタスクを他のデータスチュワードに委任できます。たとえば、業務ユーザー間での作業負荷の分散を改善する、専門知識を持つユーザーに処理をお願いする、休暇が近づいているため他のユーザーに依頼するなどの理由があります。

データスチュワードは、タスクが現在未割り当てであるか、または自分に割り当てている場合にのみ、他のデータスチュワードにタスクを割り当てることができます。

手順

  1. データスチュワードとしてログインします。
  2. [TASKS] (タスク)ページで、委任するタスクが含まれるキャンペーンをクリックします。
    割り当てられたすべてのタスクのリストが表示されます。
  3. 右側のパネルのチャートを使用して、割り当てられたタスクのグループをフィルタリングして選択し、次のいずれかを実行します。
    • 右側のパネルで[TASK] (タスク) > [Assign tasks] (タスクの割り当て)をクリックし、2種類のリストからどのタスクをどのデータスチュワードに委任するか決定します。

    • タスクを委任するデータスチュワードをポイントし、名前の横にあるをクリックします。

    • [Delegate Tasks To] (タスクの委任先)フィールドを使用して、タスクを割り当てるデータスチュワードを検索し、をクリックします。