統合マッチングによって作成されたキャンペーンでのロールの定義 - 7.3

Talend Data Stewardshipの例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理

Talend MDMでMDMデータモデルをデプロイすると、統合された照合プロセスの一環として[Merging] (マージング)キャンペーンおよびデータモデルがTalend Data Stewardshipに自動的に作成されます。

データモデルはキャンペーンに関連付けられたMDMデータタイプをTalend Data Stewardshipのデータタイプにマッピングし、キャンペーンには自動的にマージされない重複レコードが保持されます。

キャンペーンとデータモデルの名前の末尾には-tmdmというサフィックスが付きます。

キャンペーン所有者は、このマージングキャンペーンに参加するデータスチュワードを定義する必要があります。

始める前に

  • 管理者がスチュワードシップユーザーを作成し、Talend Administration Centerでロールを割り当てていること。ユーザーの作成の詳細は、Talend Data Stewardshipユーザーガイドを参照してください。

  • Talend Administration Centerには、キャンペーン所有者のロールが割り当てられいること。

手順

  1. MDM設定ファイルで参照されているキャンペーン所有者としてにログインします。

    Talend MDMで統合を設定する方法の詳細は、統合マッチングを使用して顧客データを調整する方法に関するオンライン理論の実践を参照してください。

  2. [CAMPAIGNS] (キャンペーン)ページで、右上の検索アイコンをクリックし、tmdmと入力して、統合マッチングによって作成された[Merging] (マージング)キャンペーンのみをフィルタリングして一覧表示します。
  3. データスチュワードシップを追加するキャンペーンの名前をクリックして、キャンペーンのメタデータを開きます。
    キャンペーンに関連付けられる名前、タイプ、データモデルは読み取り専用になります。
  4. 左側のパネルで[Roles] (ロール)をクリックします。
    ロールはMDMデータモデルで参照されるものと一致しなければなりません。Talend Data Stewardshipでは、データモデルの各属性に関連付けられた読み取り/書き込み権限が自動的に取得されます。
  5. Roles (役割)フィールドをクリックし、ロールを割り当てる1つまたは複数のデータスチュワードをリストから選択します。
    このリストにはTalend Administration Centerで定義されているすべてのユーザーが示され、データスチュワードのロールが割り当てられています。
  6. [Edit Campaign] (キャンペーンの編集)をクリックして変更を保存します。
  7. ホームページで[Campaigns] (キャンペーン) をクリックし、キャンペーンの名前をクリックして開き、定義したデータスチュワードにタスクを割り当てます。