データスチュワードとしてタスクを割り当てる - 7.3

Talend Data Stewardshipの例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
データスチュワードは、自分または同じキャンペーンに参加している他のデータスチュワードに新しいタスクを割り当てることができます。

手順

  1. データスチュワードとしてログインします。
  2. [TASKS] (タスク)ページで、割り当てるタスクを保持するキャンペーンの名前をクリックします。
    割り当てられたすべてのタスクのリストが表示されます。
  3. メニューバーの[Assignment](割り当て)リストから[Unassigned](未割り当て)を選択します。
  4. カラムまたは右側のパネルに表示されているチャートの上のデータクオリティバーを使用して、データをフィルタリングし、特定のデータスチュワードに割り当てるタスクのみを一覧表示できます。
  5. 左パネルで次のいずれか1つを行います。
    • タスクを割り当てるデータスチュワードをポイントし、名前の横にあるをクリックします。

    • Assign Tasks To (タスクの割り当て先)フィールドを使用して、タスクを割り当てるデータスチュワードを検索し、をクリックします。

タスクの結果

選択したタスクは、データスチュワードのダッシュボードに移動されます。左側のパネルで参加者名の下に表示されるタスクの数は、キャンペーンの中で割り当てられたタスクの数を示しています。