tWorkdayInput標準プロパティ - 7.3

Workday

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Workday
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Workday
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Workday

これらのプロパティは、Standardジョブフレームワークで実行されるtWorkdayInputを構成するために使用されます。

これらのプロパティは、Standard tWorkdayInputコンポーネントは、 ビジネスおよびCloudファミリーのコンポーネントです。

このフレームワークのコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Property Type] (プロパティタイプ)

プロパティの設定方法を選択します。

[Built-In] (組み込み)および[Repository] (リポジトリー)という2つのオプションが提供されています。

  • [Built-In] (組み込み): [Basic settings] (基本設定)および[Advanced settings] (詳細設定)ビューで現在のコンポーネントに設定されているプロパティを使います。
  • [Repository] (リポジトリー): リポジトリーに保管されているプロパティを使います。

スキーマスキーマの編集

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

  • [Built-in] (組み込み): そのコンポーネントのみのスキーマを作成して、ローカルに保存します。

  • [Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマの編集)をクリックします。
注: 変更を加えると、スキーマは自動的に組み込みになります。
  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Guess schema] (スキーマの推測)

このボタンをクリックして、取得したクライアントデータまたはWorkdayクライアントレポートに基づいてスキーマを生成します。

[Client Identifier] (クライアント識別子)

Workdayへの接続に使うAPIクライアントのクライアントIDを入力します。

Client Secret (クライアントシークレット)

フィールドの右側にある[...]をクリックし、Workdayへの接続に使用するAPIクライアントのクライアントシークレットキーを二重引用符で囲んで入力します。

[Tenant Alias] (テナントエイリアス)

Workdayに接続できるテナントIDを入力します。テナントエイリアスはWorkday管理者が提供します。次に例を示します: tenant_alias

[Mode] (モード)

クライアントデータを取得するためのモードを選択します。リストからWorkday Query LanguageまたはReport As A Serviceを選択することができます。

[WQL Query] (WQLクエリー)

クライアントデータを取得するためのWorkdayクエリー言語ステートメントを入力します。

このフィールドは、[Mode] (モード)リストからWorkday Query Languageが選択されている場合に使用できます。

[Report Owner] (レポート所有者)

取得したクライアントデータのレポート所有者を入力します。

この[Mode] (モード)リストからReport As A Serviceが選択されている場合に使用できます。

[Report Name] (レポート名)

取得したクライアントデータのレポート名を入力します。

この[Mode] (モード)リストからReport As A Serviceが選択されている場合に使用できます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

[Authentication End Point] (認証エンドポイント)

認証エンドポイントを入力します

[Service EndPoint] (サービスエンドポイント)

Web サービスのエンドポイントを入力します。

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

NB_LINE

処理された行数。これはAfter変数で、整数を返します。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは通常、ジョブまたはサブジョブの開始コンポーネントとして使い、常に出力リンクが必要です。