標準出力をファイルにリダイレクトするためのジョブを作成する - 7.3

Java custom code

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント

手順

  1. tJavaコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューの[Code] (コード)フィールドに次のコードを入力します:
    java.io.File file = new java.io.File("d:/mytalend.log");
    java.io.PrintStream log_java = new java.io.PrintStream(new java.io.FileOutputStream(file));
    System.setOut(log_java);

    ジョブ全体の標準出力はファイルd:/mytalend.logにリダイレクトされます。

  2. 最初のtFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  3. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[…]ボタンをクリックし、表示されるダイアログボックスに整数型のidおよび文字列型のnameteamという3カラムを追加してスキーマを定義します。
  4. [Mode] (モード)エリアで、[Use Inline Content(delimited file)] (インラインコンテンツの使用:区切りファイル)を選択し、[Content] (コンテンツ)フィールドの最初のtFixedFlowInputコンポーネントに次の入力データを入力します。
    1;Lily;QA
    2;Kevin;DEV
    3;Daniel;DEV
  5. tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューで[Use Output Stream] (出力ストリームの使用)チェックボックスをオンにして、[Output Stream] (出力ストリーム)フィールドにSystem.outと入力します。
  6. [Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックして、先行コンポーネントからスキーマを取得します。
  7. 2番目のtFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. 最初のtFixedFlowInputコンポーネントと同じように、3つのカラムを追加してスキーマを定義します。
  9. [Mode] (モード)エリアで、[Use Inline Content(delimited file)] (インラインコンテンツの使用:区切りファイル)を選択し、[Content] (コンテンツ)フィールドの2番目のtFixedFlowInputコンポーネントに次の入力データを入力します。
    4;Allen;DOC
    5;Judy;DOC