ジョブの設定 - 7.3

Java custom code

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント

手順

  1. [Palette] (パレット)から、tFileInputDelimitedtFileOutputExceltJavaコンポーネントを選択してデザインワークスペースにドロップします。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tFileInputDelimitedtFileOutputExcelに接続します。区切り文字付きtxtファイルの内容はこれ以上変換されることなく、接続経由でxlsタイプのファイルの送信されます。
  3. 次に、[Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)リンクを使って、tFileInputDelimitedコンポーネントをtJavaコンポーネントに接続します。このリンクによって、順番に並んだtJavaが主プロセスの最後に実行されます。