tJavaFlexコンポーネントの設定 - 7.3

Java custom code

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント

手順

  1. tJavaFlexをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントのプロパティを定義します。
  2. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、先行のコンポーネントからスキーマを取得します。
  3. [Start code] (開始コード)フィールドに、初期化段階で実行するコードを入力します。
    この例の場合、コードはSTARTメッセージを表示し、後でJavaコードで使う変数を定義することで、tJavaFlexの初期化を示します。
    System.out.println("## START\n#");
    int i = 0;
  4. [Main code] (メインコード)フィールドに、データの各行に適用するコードを入力します。
    この例ではtRowGeneratorのエディターに、0から始まる各行の番号を示し、次に、大文字に変換された番号とランダムテキストを示し、最後にランダム日付セットを示します。次に、ステータスがtruefalseかを示す条件を作成し、行の番号を増分します。
    System.out.print(" row" + i + ":");
    System.out.print("# number:" + row1.number);
    System.out.print (" | txt:" + row1.txt.toUpperCase());
    System.out.print(" | date:" + row1.date);
    if(row1.flag) System.out.println(" | flag: true");
    else  System.out.println(" | flag: false");
    
    i++;
    警告:

    [Main code] (メインコード)フィールドの“row1”は、tJavaFlexに接続するリンクの名前に相当します。このリンクの名前を変更する場合は、コードを変更する必要があります。

  5. [End code] (終了コード)フィールドに、終了段階で実行するコードを入力します。
    この例の場合、コードはENDメッセージを表示することでtJavaFlexの実行終了を示します。
    System.out.println("#\n## END");