tJavaコンポーネントを使ってジョブを設定する - 7.3

Java custom code

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント

tJavaを使う一般的なジョブは、通常、以下で構成されます。

  • tFileInputDelimitedコンポーネント。テキストファイルからデータを読み込みます。
  • tLogRowコンポーネント。コンソール内のデータを出力します。
  • tJavaコンポーネント。処理されたレコードの総数を取得します。

手順

  1. [Palette] (パレット)からコンポーネントtFileInputDelimitedtLogRowtJavaをワークスペースにドラッグ&ドロップします。
  2. [Trigger] (トリガー) > OnSubjobOkリンクを使ってtFileInputDelimitedtJavaに接続します。
  3. tFileInputDelimitedコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)を定義します。
  4. tFileInputDelimitedをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)を表示します。[file name/steam] (ファイル名/ストリーム)フィールドにソースデータファイルのパス"C:/person.txt"を追加します。
  5. このファイルには次のデータが含まれています。
    1;Shong
    2;Elisa
    3;Sabrina
  6. [Edit Schema] (スキーマの編集)ボタンをクリックして、カラム2つのスキーマを設定します。
  7. tjavaをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、[Code] (コード)エリアに次のコードを追加します。
    int nb_line=(Integer)globalMap.get("tFileInputDelimited_1_NB_LINE");
    System.out.println("The total number of records are read from the text file is: " +nb_line);
  8. [F6]を押してジョブを実行します。

タスクの結果

入力ファイルの実際のレコードは、ネイティブでコンソールに出力されます。さらに、tJava コンポーネントを使っているため、レコード数もコンソールに表示されます。