入力コンポーネントの設定 - 7.3

Java custom code

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント

手順

  1. tRowGeneratorをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューと[RowGenerator Editor] (RowGeneratorエディター)ダイアログボックスを表示します。このダイアログボックスでは、コンポーネントのプロパティを定義できます。
  2. [+]ボタンをクリックして4つのカラム、numbertxtdateflagを追加します。
  3. 上の図に従ってスキーマを定義し、4つのカラムのパラメーターを設定します。
  4. [Functions] (関数)カラムで、定義したカラムごとに[...]ボタンをクリックします。
  5. [Parameters] (パラメーター)カラムに、定義したカラムごとに10種類のパラメーターを入力します。これらの10個のパラメーターは、tRowGeneratorの実行時にランダムに生成されるデータに対応します。
  6. [OK]をクリックして変更を確認し、エディターを閉じます。