入出力コンポーネントの設定 - 7.3

Java custom code

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > カスタムコードコンポーネント > Javaカスタムコードコンポーネント

手順

  1. Sourceとラベル付けされているtFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
    警告:

    ダイナミックスキーマ機能は[Built-In] (組み込み)モードでのみサポートされており、ヘッダー行を付けるには入力ファイルが必要になります。

  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで入力ファイルへのパスを二重引用符内に入力するか、または[...]ボタンをクリックしてパスまで移動します。
  3. [Header] (ヘッダー)フィールドに1と入力して、ファイルの最初の行をヘッダーとして定義します。
  4. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開きます。
  5. [+]ボタンをクリックしてカラムを追加し、カラムに名前を付け(このサンプルではdyna)、[Type] (タイプ)リストから[Dynamic] (ダイナミック)を選択します。このダイナミックカラムは、入力ファイルのFirstNameLastName、およびAddressという3つのカラムを取得します。
  6. [OK]をクリックして設定を確定し、ダイアログボックスを閉じます。
  7. Targetとラベル付けされているtFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  8. [File Name] (ファイル名)フィールドで出力ファイルのパスを定義します。
  9. [Include Header] (ヘッダーを含む)チェックボックスをオンにして、ヘッダーを出力ファイルに含めます。その他の設定はすべてそのままにしておきます。