コンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.2

データサービスとルーティングの例

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サービスデザイン
ジョブデザインと開発 > ルートデザイン
ジョブのドラフトでは、tESBProviderRequesttESBProviderResponseがすでに選択され設定されています。tESBProviderRequestにより、指定したWebサービスに要求が送信され、tESBProviderResponseにより、その要求への応答が返されます。これらのコンポーネントは、[Palette] (パレット)[ESB]グループにあります。

手順

  1. tESBProviderRequestを右クリックし、それをクリックしたままtESBProviderResponseにドラッグし、この2つのコンポーネントをリンクします。
  2. [Palette] (パレット)からtXMLMapを行リンクの中央にドロップし、ポップアップウィンドウで出力リンクに名前を付けます。サンプル: airport_response。これはtXMLMapのマップエディターの出力テーブルの名前としても使用されます。

    データサービスプロバイダーのジョブは次の図のようになります。

    赤いxアイコンにより、tXMLMapコンポーネントの設定が求められます。

  3. [Repository] (リポジトリ)ツリービューの[Db Connections] (DB接続)ノードから、空港データへの接続(このサンプルの場合は、airportデータベーステーブル)をワークスペースにドロップします。[Components] (コンポーネント)ウィザードが開きます。
    [Repository] (リポジトリ)にデータベース接続を作成する方法は、『Talend Studioユーザーガイド』の「データベースメタデータの一元管理」を参照してください。
  4. ウィザードでtMysqlInputをダブルクリックし、ワークスペースで該当するコンポーネントを作成して、それをtXMLMapにリンクします。

タスクの結果

このシナリオでは、空港データは、空港名と該当する国コードで構成されます。次の表は、使用中のデータベーステーブルを示しています。

ここまでは、tXMLMap以外のコンポーネントは自動的に設定されていたため、tXMLMapをのみを設定する必要がありました。