受信側サブルートを設定する - 7.2

データサービスとルーティングの例

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サービスデザイン
ジョブデザインと開発 > ルートデザイン

手順

  1. testMinaコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. URIフィールドに、コード"timer:testOneWayMina?delay=1000&period=2000"を入力し、メッセージの交換を開始するためのタイマーを定義します。この場合、各メッセージは2秒間に1秒遅れで配信されます。
  3. initializeRequestコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Language] (言語)リストボックスで[Constant] (定数)を選択し、[Expression] (式)フィールドに"test message\n"と入力します。
  5. logRequestコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. URIフィールドに"log:jobSocketIn"と入力します。ここに、受信メッセージの交換が記録されます。
  7. jobSocketInコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Advanced settings] (詳細設定)ビューを開きます。
  8. このユースケースでは、Camelコンポーネントのcamel-minaをトランスポートとして使用します。このコンポーネントを使用するには、[Dependencies] (依存性)リストの下部にあるをクリックして行を追加し、ドロップダウンリストからminaを選択します。Minaの詳細は、http://camel.apache.org/mina.htmlを参照してください。
    または、cConfigコンポーネントを使って、MINAのライブラリをcConfigコンポーネントの[Dependencies] (依存性)リストに追加することができます。そのためには、[Dependencies] (依存性)リストの下部にあるをクリックし、行を追加します。この行を選択し、その最後にある[...]ボタンをクリックして、[Select Module] (モジュールの選択)ウィザードを開きます。
    内部モジュールからcamel-mina-alldep-2.9.2.jarを選択し、[OK]をクリックして、[Dependencies] (依存性)リストにこれを追加します。
  9. jobSocketInコンポーネントの[Component] (コンポーネント)タブで、[Basic settings] (基本設定)をクリックします。URIフィールドに"mina:tcp://localhost:" + 8900 + "?textline=true&sync=false"と入力し、ポート番号8900のTCPサービスのMinaエンドポイントにInOnlyモードのテキスト行としてメッセージを送信します。