tXMLMapコンポーネントの設定 - 7.2

データサービスとルーティングの例

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サービスデザイン
ジョブデザインと開発 > ルートデザイン

手順

  1. tXMLMapをダブルクリックし、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  2. 要求に対するWSDLスキーマをインポートするには、データサービスプロバイダーを作成したときと同じ手順を実行します。この例では、要求スキーマはgetAirportInformationByISOCountryCodeです。詳細は、tXMLMapの設定を参照してください。
  3. 入力側(左)のメインフローテーブルでcountry_codeをクリックし、それをクリックしたまま[Expression] (式)カラムにドロップします。これは出力側(右)のXMLツリービューのtns:CountryAbbrviationノードに対応します。
    注: 実際には、tXMLMapを使って階層データの非常に複雑な変換を処理できます。

    tXMLMapの使用可能な全機能については、『Talend Studioユーザーガイド』の「tXMLMapオペレーション」を参照してください。

  4. [OK]をクリックして、この設定を有効にします。