ルートにコンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.2

データサービスとルーティングの例

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サービスデザイン
ジョブデザインと開発 > ルートデザイン

手順

  1. [Palette] (パレット)から、cMQConnectionFactorycSOAPcProcessor、2つのcJMSのコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
  2. ロールが明確に理解できるようにコンポーネントにラベルを付け、次に示すように[Row] (行) >[Route] (ルート)接続を使って、コンポーネントをリンクします。