tFixedflowInputコンポーネントの設定 - 7.2

データサービスとルーティングの例

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サービスデザイン
ジョブデザインと開発 > ルートデザイン

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックし、その[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマの編集)フィールドのとなりの[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)を開きます。
  3. [+]ボタンを1回クリックし、スキーマに1つのカラムを追加し、country_codeと名前を付けます。[Type] (タイプ)フィールドはstringのままにしておきます。
  4. [OK]をクリックして、このスキーマを確定します。tFixedFlowInputのBasic Settings (基本設定)の[Mode] (モード)エリアで、[Use Single Table] (シングルテーブルの使用)が有効なオプションになり、[Values] (値)テーブルにcountry_code行が自動的に追加されています。
  5. [Values] (値)テーブルの[Values] (値)カラムで、引用符の中にCNと入力します。