コンポーネントを設定する - 7.2

データサービスとルーティングの例

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サービスデザイン
ジョブデザインと開発 > ルートデザイン

このタスクについて

コンポーネントがリンクされたため、プロパティが定義されているはずです。

cTimerにはStartercSetBodyにはSet_message_bodycLogにはLogMessagesのように、ロールを推測できるラベルをコンポーネントに付けます。

注:

それぞれのコンポーネントには、ルート内でのそのロールがわかりやすいように、一意の名前のラベルを付けることが推奨されています。これは、cSOAPなど、一部のコンポーネントのコードを生成する際にとりわけ便利です。詳細は、Talend Help Centerの『Talend ESB Mediation Components』のドキュメンテーションを参照してください。

手順

  1. cTimerコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Repeat] (繰り返し回数)フィールドに、1と入力し、メッセージ交換を1回生成します。その他のオプションはデフォルト設定のままにしておきます。
  3. cSetBodyコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Language] (言語)リストで[Constant] (定数)を選択し、[Expression] (式)フィールドにメッセージボディとして"Hello World!"と入力します。
  5. メッセージ交換をログするcLogコンポーネントはデフォルト設定のままにしておきます。