tESBConsumerコンポーネントの設定 - 7.2

データサービスとルーティングの例

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サービスデザイン
ジョブデザインと開発 > ルートデザイン

手順

  1. tESBConsumerコンポーネントをダブルクリックし、その[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Service configuration] (サービス設定)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、WSDLエディターを開きます。
  3. エディターで、提供されるWSDLファイルを参照して探します。[Port Name] (ポート名)フィールドと[Operation] (操作)フィールドには、Webサービスで利用可能なポートとメソッドが自動的に入力されます。
  4. [Port Name] (ポート名)フィールドでairportSoapを選択し、[Operation] (オペレーション)フィールでgetAirportInformationByISOCountryCodeを選択します。
  5. [OK]をクリックして、設定を有効にします。
    tLogRowコンポーネントにより、前のコンポーネントからスキーマが自動的に取得されます。取得されない場合は、コンポーネントをダブルクリックし、その[Component] (コンポーネント)ビューの[Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックします。