フィルタリングされた行のエクスポート - 7.3

Talend Data Preparationの簡単な例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング

顧客の限定リストの強調表示とプレパレーションができたので、ローカルファイルにエクスポートします。

手順

  1. [Export] (エクスポート)ボタンをクリックします。
  2. [All data] (すべてのデータ)ラジオボタンを選択し、[Apply filters] (フィルターの適用)スイッチが有効になっていることを確認します。
    これによって、行をさらに取得する操作と同じく、データセットがサンプルより大きい場合でもフィルターに一致する潜在的な行がエクスポートにすべて含まれるようになります。
  3. データのエクスポートで使用する形式を選択します。
    • [Local CSV file] (ローカルCSVファイル)を選択した場合は、使用するフィールド区切り記号、テキスト囲み文字、およびエスケープ文字を選択し、エクスポートするファイルの名前を入力します。
    • [Local XLSX file] (ローカルXLSXファイル)または[Local TABLEAU file] (ローカルTABLEAUファイル)を選択する場合は、エクスポートするファイルの名前を入力します。
    • Amazon S3を選択する場合は、クレデンシャルとその他の情報を入力して、ファイルをAmazon S3に保存します。

タスクの結果

プレパレーションを使ってクレンジングしたデータがローカルファイルにエクスポートされます。