テキストレコードの不要な空白の削除 - 7.3

Talend Data Preparationの簡単な例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング

各セルからのコンテンツの前後に、スペースが存在することがあります。

このスペースが存在するのは、他の人物が手動で入力したデータ(名前や電話番号など)を含むカラムである場合がほとんどです。これらのスペースは灰色の正方形で表示されます。

first_nameカラムとlast_nameカラムには、空白のエントリがいくつかあります。

手順

  1. [first_name]カラムを選択します。
  2. [Ctrl]ボタンを押したまま、last_nameカラムのヘッダーをクリックします。

    2つのカラムが選択されたので、両方のカラムに1回の操作でファンクションを適用できます。

  3. ファンクションパネルで「Remove trailing and leading characters (終了文字と先頭文字を削除)」と入力し、結果をクリックして関連ファンクションのオプションを開きます。
  4. [Padding character] (パディング文字)ドロップダウンリストで[Whitespace] (空白)を選択し、[Submit] (送信)をクリックします。

    この関数の結果を新しいカラムに出力するには、[Create new column] (新しいカラムを作成する)チェックボックスを選択します。

タスクの結果

選択したカラムからスペースが削除されます。