入力コンポーネントの設定 - 7.3

HDFS

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > HDFS
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > HDFS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > HDFS

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューでコンポーネントを定義します。
  2. [Schema] (スキーマ)[Built-In] (組み込み)に設定し、[Edit Schema] (スキーマの編集)のとなりにある [...]ボタンをクリックして内部変数から作成するデータ構造を記述します。このシナリオでは、スキーマには1つのカラム、contentが含まれます。
  3. [+]ボタンをクリックしてパラメーター行を追加します。
  4. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、伝播を指示するメッセージが表示されたら伝播を許可します。
  5. [Basic settings] (基本設定)[Use Single Table] (単一テーブルを使用)オプションを使って、[Mode] (モード)エリアで対応する値を定義します。このシナリオでは、値は"Hello world!"です。