Talend Data Catalog アプリケーション - 7.3

Talend Data Catalogリリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
Release Notes
データガバナンス

新しい機能と改良点

機能 説明
CSVファイルからの用語集のインポート: カスタム属性の認識向上 CSVファイルから用語集をインポートする時に、スコープにエンティティタイプが複数存在するカスタム属性が認識されるようになりました。
Tableauオブジェクトのデータ来歴図: [Data Flow] (データフロー)タブの改良 Tableauオブジェクトに250個を超えるサブエレメントがある場合に、[Data Flow] (データフロー)タブとデータ来歴図が表示されるようになりました。グラフが大きすぎると、表示できないことを伝えるメッセージが表示されます。
ヘッダーメニュー: ツールサブメニューとユーザーサブメニューの改良とマージ ヘッダーで、ツールサブメニューとユーザーサブメニューが後者にマージされました。
セマンティックタイプ: 全Talend Data Catalogサーバーでセマンティックタイプを公開 Talend Data Catalogサーバーでセマンティックタイプを公開できるようになりました。

Web上のサーバーやローカルネットワーク上のサーバーをはじめとして、Talend Data Catalogとすべてのリモート収集サーバーをアップグレードする必要があります。

セマンティックマッピング: 子セマンティックリンクを再帰的に削除する新機能 マッピングエディターで、オブジェクトの子に関連付けられているセマンティックマッピングを再帰的に削除できるようになりました。
Talend Data Catalogのカテゴリー Talend Data Catalogのサブカテゴリーの名前が変更されました。
セマンティックスティッチング: 読み取り専用のアクセス権しかないユーザーは推測ビジネス名を確認できない 読み取り専用のユーザーも[Semantic Flow] (セマンティックフロー)タブで推測セマンティック名を確認できるようになりました。

注目される修正

問題 説明
ワークシート: リポジトリーマネージャーから追加されたモデルコンテンツの説明がワークシートに表示されない ワークシートでコンテンツ名と説明が表示されるよう、Content Name (コンテンツ名)とContent Description (コンテンツの説明)という2つのシステム属性が新しく追加されました。

コンテンツ名はモデルコンテンツの名前であり、コンテンツの説明はモデルコンテンツに関連付けられている説明です。

用語集の分類: 既存用語の検索でMQL構文またはセマンティックエラーが発生する [Select Term] (用語の選択)ダイアログボックスでの問題が修正されました。
リモート収集サーバーを介したTDCクラウドからのTalend Data Integrationのインポート: プロジェクトアイテムを参照するとFileNotFoundExceptionが発生する ファイルの一部がリモート収集サーバーにあり、別の部分がTalend Data Catalogサーバーにある場合の問題が修正されました。
REST API: GET/types/listEntitiyTypesで、エンティティタイプの属性タイプ名前が正しく表示されない GET/types/listEntityTypes?includeAttributes=trueの属性タイプの名前が修正されました。
UI: ラベルとセマンティックタイプカラムでテキストがオーバーフローする グリッド表示モードのワークシートで、ラベルとセマンティックタイプの表示が改善されました。
モデルのインポート: [Miscellaneous] (その他)パラメーターのウィンドウの改善 説明が正しく表示されないという[Miscellaneous] (その他)パラメーターのウィンドウで発生していた問題が修正されました。
モデルのインポート: cache.clearの[Miscellaneous] (その他)パラメーターに余分なシンボルがある [Miscellaneous] (その他)パラメーターの構文解析に関するマイナーな問題が修正されました。
ワークシートの日付タイプのフィルタリング: '=' によるMQL構文エラー "{<custom attribute>}= '<date-constant>'"でのMQL構文エラーが修正されました。
モデルのインポート: ブラウザーの保存と更新時にパラメーターの値が消える ブリッジパラメーターの保存時にUIが内部名ではなくローカライズされた名前を送信するというバグが修正されました。
ダッシュボードの属性統計ウィジェット: 不正な統計情報 ワークシートウィジェットの'WHERE'句が無視されるというバグが修正されました。
ファイルブラウザー: 挿入されたパスが読み取れない ファイルブラウザーのダイアログに関するバグが修正されました。
Webでリモート収集エージェントを使ったモデルインポート: テスト接続が動作しない Webでリモート収集エージェントを使用している際のブリッジインポート設定でのテスト接続に関連する問題が修正されました。この問題を解決するためには、メインのアプリケーションサーバーと全リモート収集エージェントの両方に最新ビルドをインストールする必要があります。
リポジトリー: システムログエラー 設定接続の編集中に設定バージョンが削除されたり、別のセッションから設定接続やコンテンツが削除されると、プライマリキー違反や外部キー違反ではなく適切なエラーが返されます。