Talend Data Catalogのブリッジ - 7.3

Talend Data Catalogリリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
Release Notes
データガバナンス

新しい機能と改良点

機能 説明
Talend Data Integration: ジョブがtHiveLoadコンポーネントを使用している場合の来歴を改善

来歴では、スティッチングで解決されない*ノードが一時分類子にある場合、同胞の機能にその解決を求めます。

[Miscellaneous] (その他)パラメーターの-connection.mapオプションが改善されました。

Microsoft Azure Data Lake Storage: 処理済みファイルをすべて印刷できる新しい[Miscellaneous] (その他)パラメーター -detailed.log オプションが追加され、すべての処理済みファイルのパスをデバッグログに印刷できるようになりました。
Microsoft ADLS: Parquetファイルのデータを非表示化 Parquetファイルのデータサンプラーが更新され、JSON形式を使って起動されるようになりました。
Microsoft SSIS (リポジトリーデータベース): 接続名を処理する新しいその他のパラメーター 以下のオプションが追加されました:
  • -connection.fullyqualifiednameでは、接続名に{$project_name}:{$package_name}:タグのプレフィックスを付けて、異なるパッケージ内の同一名の接続を区別することができます。
  • -connection.catalognameでは、データベース接続名との関連で#{$catalog_name}サフィックスを管理できます。
Microsoft Power BI: Analysis Servicesへの接続に対するサポート Microsoft Power BIインポートブリッジ: Analysis Servicesへのライブ接続の場合に接続オブジェクトを作成するために、コードが追加されました。

Microsoft SQL Server Analysis Servicesブリッジは、OLE DBプロバイダーを検出します。"作成"および"データベース"ヘッダーノードを含むテーブル形式のモデル形式に対する一時的サポートが追加され、OLAPスキーマとしてのパースペクティブのために、テーブルに初期サポートが追加されました。

テーブル拡張子またはレポートメジャーオブジェクトタイプとして生じするために、レポートメジャーの初期サポートが追加され、プロファイルが改善されました。

データベース(JDBC経由)インポートブリッジ: その他パラメータークラスの改善 クラスが改善されました。
Microsoft Azure Synapse Analytics (SQL Data Warehouse): 外部テーブルを標準テーブルとして収集 外部テーブルへのサポートが追加されました。
Apache Kafka: 新しい-consumer.groupその他パラメーター -consumer.groupオプションがKafka APIオプションに追加されました。

このコンシューマーが属するコンシューマープロセスのグループを一意に識別する文字列。同じグループIDを設定することで、複数のプロセスはすべてが同じコンシューマーグループに属していることを示します。この値はKafkaの'group.id'プロパティに渡されます。

Tableau: サポートされていないGoogle BigQuery SQLクエリーでの汎用JDBC接続 Google BigQueryのデータソースがサポートされるようになりました。
Sparx Enterprise Architect (EA) / OMG UML XMI: インポートが致命的なエラーと共に失敗する 集計ループが多い場合のモデル検証の速度が向上しました。
SAP HANAデータベース(JDBC経由): CDSビューの新規サポート CDSビューがサポートされるようになりました。

注目される修正

問題 説明
Microsoft SQL Server (JDBC経由): テスト接続が失敗する 接続プロセスをより正確に制御できるデバッグメッセージを追加
Microsoft Azure Data Factory: ""Failed read value: Unrecognized field "nextLink"" (値の読み取りに失敗: "nextLink"フィールドが認識されません) "nextLink"のサポートが追加されました。
メタデータExcel形式: "The model is not consistent" (モデルに一貫性がありません) 区切りファイル型の区切りカラムの位置がゼロ以下となる場合のエラーメッセージが追加されました。
Microsoft ADLS Gen2: Snappyで圧縮されたparquetファイルをインポートしてもサンプルデータが表示されない バイナリカラムのデータ処理をスキップする機能が追加されました。
Talend Data Integration: tRedshiftRowで[Select into temp table] (一時テーブルに選択)を使用してもテーブル情報が取得されない SELECT INTO TEMP TABLEのサポートが追加されました。
Microsoft SSIS (リポジトリーデータベース): 見つからないスキーマがインポート後に検出される シリアライズプロパティが変更され、デバッグメッセージが改善されました。
Talend Data Integration: tMySQLRowで[Select into temp table] (一時テーブルに選択)を使用してもテーブル情報が取得されない 式の解析が修正され、空のパラメーターの定義値が削除されました。
Teradata Database SQL DML (DI/ETL) Script (BTEQ): カラムレベルの来歴がテーブルレベルの来歴につながります MERGEステートメントを修正しました。
Microsoft Power BI (ファイル): リグレッションテストでの差異 レポートメジャーが一貫した順序で解析されるようになり、ログメッセージが改善されました。
MySQL Database (JDBC経由): INTERVAL CASTとTEMPORARY TABLEのサポートを追加 INTERVAL CASTとTEMPORARY TABLEのサポートが追加されました。
Talend Data Integration: 式の構文が認識されない(またはサポートされていない) UPDATE文のJOIN句のサポートが追加されました。
IBM Cognos Content Manager ReportStudio PERCENTAGE関数のサポートの追加
Informatica PowerCenter: Google BigQuery接続のソースターゲットIDかターゲットデータセットIDで定義されている実際のスキーマではなく、デフォルトのソーススキーマかターゲットスキーマが抽出される BigQueryアプリケーションのサポートの追加
Talend Data Integration: 予想されるデータインパクトがありません tBufferInput/Outputコンポーネントを通じて来歴を変更しました。
Teradataデータベース(JDBC経由): インポートが失敗して例外"[SQLState HY000] Response Row size or Constant Row size overflow"が返される Teradata 14.xのバージョンでクエリーが二分されるという事実をサポートするために更新されました。
Talend Data Integration / tRedshiftBulkExec: S3への来歴がない tRedShiftBulkExecコンポーネントを通じてNativeIdと来歴を修正しました。
Microsoft SSIS: XMLリーダーが抽出されない SSIS XMLリーダーへのサポートを追加しました。
Microsoft Power BI: PowerBIレポートのDAX式解析エラー DAX 式パーサーに単一行のコメントを追加しました。
Microsoft SQL Server (JDBC経由): ストアドプロシージャの1つにエラーがあり、標準SQL Server構文がサポートされていないために、インポートが失敗します SQL Server 2016 (13.x)よりも前のデータベースバージョンに対するシステムテーブル検証を修正しました。外部スキーマ用のフォルダーは作成されません。
Talend Data Integration: ジョブレット内の予期しない接続 接続コンポーネントがメインジョブ内にあり、ダイナミック設定経由で参照されているケースを処理しました。
Microsoft Azure SQLデータベース: シノニムとタイプオブジェクトは抽出されません Azure SQLデータベースのシノニムとユーザー定義のタイプに対するサポートが追加されました。
Oracleデータベース(JDBC経由): "MITI.MIRException: モデルに一貫性がない 未定義のタイプのクリーンアップが修正されました。
Microsoft SQL ServerデータベースのSQL DML: DROP CONSTRAINT 'WITH'に対するサポート WITH (ONLINE = OFF)を無視するためのサポートが追加されました。
Cloudera Navigator: 解析エラー 解析エラーを修正し、Spark操作処理を改善しました。
SAS Data Integration: "Illegal Argument: The Classifier...already contains a Feature with this Name" (不正な引数です。分類子...にはこの名前を持つ機能が既に含まれています) 重複している物理カラムと定義されていないジョブをスキップする修正を追加しました。