複合タイプ属性の追加 - 7.0

Talend MDM Platform入門ガイド

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
必要に応じて、エンティティに複合タイプ属性を追加することができます。この例では、複合タイプ属性MovieInfoが、データモデルにビジネスエンティティを作成するで作成されたCustomerエンティティに追加されます。

手順

  1. ビジネスエンティティCustomer[anonymous type] (匿名タイプ)を展開し、属性Ageを右クリックし、[Add Element (after)] (エレメントの追加(後ろ)) > [Add Complex Type Element] (複合タイプエレメント)の順に選択して、[Add Complex Type Element] (複合タイプエレメントの追加)ダイアログボックスを開きます。
  2. 属性の名前(この例ではMovieInfo)を入力し、その他のオプションはデフォルトのままにしておきます。
  3. [OK]をクリックして変更を確定します。
  4. MovieInfo属性と[anonymous type] (匿名タイプ)を展開し、[subelement] (サブエレメント)を右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Element] (エレメントの編集)を選択します。
  5. 名前をMovieに変更し、最小出現を0に変更し、最大出現をMany (空欄のまま)にし、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    [Change to sequence type] (シーケンスタイプに変更)ダイアログボックスが開き、[Sub-Element Group] (サブエレメントグループ)が[All] (すべて)から[Sequence] (シーケンス)に変更されたことが示されます。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

複合タイプ属性MovieInfoが追加され、Customerエンティティにリスト表示されます。これには、顧客にレンタルされている動画の情報が示されます。