データを読み込んで変換し、NetSuiteに書き込む - 7.3

Netsuite

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Netsuite
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Netsuite
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Netsuite

手順

  1. 最初のtNetsuiteInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Endpoint] (エンドポイント)[API version] (APIバージョン)[E-mail] (メール)[Password] (パスワード)[Role] (ロール)[Account] (アカウント)[Application ID] (アプリケーションID)に、NetSuiteへのアクセスに必要な情報を入力します。
  3. [Record Type] (レコードタイプ)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ダイアログボックスが開いたら、NetSuiteからロケーションタイプ情報を読み込むために、[Location] (ロケーション)を選択します。

    ロケーションのレコードタイプに対応するスキーマが自動的に取得されます。

  4. 検索条件を定義します。
    1. [Search conditions] (検索条件)テーブルの下にある[+]ボタンをクリックして、1行を追加します。
    2. [Field] (フィールド)カラムのセルをクリックし、ドロップダウンリストからinternalIdを選択します。
    3. [Operator] (オペレーター)カラムのセルをクリックし、ドロップダウンリストからList - Any Ofを選択します。
    4. [Value] (値)カラムのセルにjava.util.Arrays.asList("1")と入力し、internalId1に設定されているレコードのみを取得します。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、最初のtNetsuiteInputtMapに接続します。
  6. tNetsuiteOutputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. [Endpoint] (エンドポイント)[API version] (APIバージョン)[E-mail] (メール)[Password] (パスワード)[Role] (ロール)[Account] (アカウント)[Application ID] (アプリケーションID)に、NetSuiteへのアクセスに必要な情報を入力します。
  8. [Action] (アクション)リストで[insert] (挿入)を選択し、変換されたデータをNetSuiteに挿入します。
  9. [Record Type] (レコードタイプ)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ダイアログボックスが開いたら、NetSuiteにロケーションタイプ情報を書き込むために、[Location] (ロケーション)を選択します。
  10. [Edit schema] (スキーマの編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。スキーマは自動入力されています。オペレーションに関係のあるカラムのみを残し、その他は削除します。この例では、NameParentIncludeChildrenIsInactiveTranPrefixLogoMakeInventoryAvailableMakeInventoryAvailableStoreCustomFieldListExternalIdを残します。
  11. [Row] (行) > [*New Output* (Main)] (*新規出力* (メイン))接続を使用して、tMaptNetsuiteOutputに接続します。ポップアップダイアログボックスに出力接続の名前(このサンプルではout)を入力します。次に[Yes] (はい)をクリックして、tMapでターゲットコンポーネントtNetsuiteOutputのスキーマを取得します。
  12. tMapをダブルクリックして[Map Editor] (マップエディター)を開き、データフローマッピングを設定します。
    1. out出力テーブルで、対応する[Expression] (式)カラムフィールドに"Paris"と入力して、[Name] (名前)カラムの値を設定します。
    2. row1入力テーブルのParentカラムをout出力テーブルの対応する行の[Expression] (式)カラムにドラッグ&ドロップします。
    3. 同じようにして、row1入力テーブルのその他のカラムIncludeChildrenIsInactiveTranPrefixLogoMakeInventoryAvailableMakeInventoryAvailableStoreCustomFieldListExternalIdを、out出力テーブルの対応する行の[Expression] (式)カラムにドラッグ&ドロップします。