コンポーネントの設定 - 7.3

tFileExist

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileExist
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileExist
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > ファイル制御 > tFileExist

手順

  1. デザインワークスペースで、tFileExistを選択して、[Component] (コンポーネント)タブをクリックし基本設定を定義します。
  2. [File name] (ファイル名)フィールドで、ファイルパスを入力するか、存在するかどうかを確認したいファイルを参照します。
  3. デザインワークスペースで、tFileInputDelimitedを選択して、[Component] (コンポーネント)タブをクリックし基本設定を定義します。
  4. 読み取る入力ファイルを参照して、 [File name] (ファイル名)フィールドに入力します。
    警告:

    ファイルのパスにアクセント記号付きの文字が含まれていると、ジョブの実行時にエラーメッセージが表示されます。

  5. 該当するフィールドに、行とフィールドの区切り記号を設定します。
  6. 必要に応じて、ヘッダー、フッター、処理行の数を設定します。このシナリオでは、テーブルにヘッダーが1つあります。
  7. [Schema] (スキーマ)[Built-in] (組み込み)に設定し、[Edit schema] (スキーマの編集)ボタンをクリックして、tFileOutputDelimitedコンポーネントに渡すデータを定義します。このシナリオでは、読み取り対象のファイルである、ファイル2に存在するデータを定義します。
    スキーマタイプについては、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。
    ファイル2のスキーマは、Num、Ref、Price、Quant、およびtaxの5つのカラムで構成されています。
  8. デザインワークスペースで、tFileOutputDelimitedコンポーネントを選択します。
  9. [Component] (コンポーネント)タブをクリックして、tFileOutputDelimitedの基本設定を定義します。
  10. プロパティタイプ[Built-in] (組み込み)に設定します。
  11. [File name] (ファイル名)フィールドで、Ctrl+Spaceを押して変数リストにアクセスし、グローバル変数FILENAMEを選択します。
  12. 該当するフィールドに、行とフィールドの区切り記号を設定します。
  13. このシナリオのファイル2にはヘッダーが含まれているため、[Include Header] (ヘッダーを含める)チェックボックスをオンにします。
  14. [Schema] (スキーマ)[Built-in] (組み込み)に設定し、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、出力ファイルスキーマ(ファイル1)と入力ファイルスキーマ(ファイル2)を同期させます。
  15. デザインワークスペースで、tMsgBoxコンポーネントを選択します。
  16. [Component] (コンポーネント)タブをクリックして、tMsgBoxの基本設定を定義します。
  17. Ifコンポーネントをリンクをクリックすると、[Basic settings] (基本設定)ビューにそのプロパティが表示されます。
  18. [Condition] (条件)パネルで、Ctrl+Spaceを押して変数リストにアクセスし、グローバル変数EXISTSを選択します。変数の前にエクスクラメーションマークを入力して、変数の意味を無効にします。