Talendジョブを介してBonitaプロセスを実行する - 7.3

Bonita

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita

このシナリオでは、BonitaプロセスをBonitaランタイムにデプロイし、このプロセスを実行して、人事要求を処理するジョブについて説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオのジョブでは3つのコンポーネントを使います。

  • tBonitaDeploy: このコンポーネントは、BonitaプロセスをBonitaランタイムにデプロイします。

  • tFixedFlowInput: このコンポーネントは、このデプロイされたプロセスの実行パラメーターとして使われるスキーマを生成します。

  • tBonitaInstantiateProcess: このコンポーネントは、このデプロイされたプロセスを実行します。

このスキーマの複製を開始する前に、Bonita.barファイルを準備します。このファイルは、Bonitaシステムから手動でエクスポートして、Bonitaランタイムエンジンに展開する必要があります。たとえば、このシナリオで後述するように、tBonitaDeployを使います。このシナリオでは、このファイルはTEST--4.0.barです。デプロイされると、このプロセスはBonitaインターフェイスを介してチェックできます。