プロセスのデプロイメントを設定する - 7.3

Bonita

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Bonita

このタスクについて

このシナリオを複製するには、次の手順に従います。

手順

  1. tBonitaDeployをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Bonita version] (Bonitaバージョン)リストからBonitaバージョン5.3.1を選択します。選択するバージョンは、使っているBonitaランタイムエンジンのバージョン番号と同期している必要があります。
  3. [Bonita Runtime Configuration] (Bonitaランタイム設定)エリアで、Bonitaランタイム変数ファイルを参照します。[Bonita Runtime Environment file] (Bonitaランタイム環境ファイル)フィールドでbonita-environnement.xmlファイルを参照します。[Bonita Runtime Jaas File] (BonitaランタイムJAASファイルフィールドでjaas-standard.cfgファイルを参照します。Bonita Runtime Logging File] (Bonitaランタイムログファイル)フィールドでlogging.propertiesファイルを参照します。

    Bonitaバージョン5.2.3をペースとしているユーザーの場合、入力する必要があるのは、[Bonita Runtime Jaas File] (BonitaランタイムJAASファイル)フィールドと[Bonita Runtime Logging File] (Bonitaランタイムログファイル)フィールドのみです。

    Bonitaバージョン5.6.1をベースとするユーザーの場合は、[Bonita Runtime Home] (Bonitaランタイムホーム) フィールドで、Bonitaランタイム環境ディレクトリーを参照します。

  4. [Business Archive] (ビジネスアーカイブ)フィールドで、Bonitaシステムからエクスポートされ、BonitaランタイムエンジンにデプロイされるプロセスであるBonita .barファイルを参照します。
  5. [Username] (ユーザー名)フィールドと[Password] (パスワード)フィールドに、Bonitaに接続するための認証情報を入力します。