Jenkinsの設定 - Cloud

Talend Cloud API Testerの例

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Tester
task
ジョブデザインと開発 > Testing APIs
APIテストを実行するためにJenkinsを設定します。 Jenkinsは極めて拡張性の高いシステムであり、ほとんどの処理をプラグインで行います。テストを実行する前にJenkinsで若干の設定が必要なのはこのためです。

始める前に

  • GitHubアカウントを持っていること。
  • Talend Cloud API TesterをCLIから起動する方法を知っていること。
  • Talend Cloud API Tester Mavenプラグインがインストール済みであること。

手順

  1. シナリオをGitHubリポジトリーにプッシュします。

    次の2つのテストファイルをプッシュしてください。

    • シナリオが含まれているJSONファイル
    • pom.xml設定ファイル
    注: Talend Cloud API Testerには、テストファイルをGitHubにプッシュするためのGitHubインテグレーションが用意されています。
  2. [Manage Jenkins] (Jenkinsの管理) > [Manage plugins] (プラグインの管理) > [Available] (利用可能)の順に進み、Pipeline Maven Integration PluginとJunit Attachments Pluginを検索し、インストールします。
  3. [Manage Jenkins] (Jenkinsの管理) > [Global tool configuration] (グローバルツール設定)の順に進みます。

    JDKとMavenの設定用に2つのセクションがあります。[Add JDK] (JDKの追加)[Add Maven] (Mavenの追加)をクリックし、両方を設定します。

    注: Mavenのインストールに設定する名前は、後で再利用されます。設定ページに戻らなくて済むように、適切な場所にコピーしておきます。
  4. 左側のメニューからクレデンシャルページを開き、Jenkinsストアのとなりの[Global] (グローバル)をクリックします。

    機密性が高いためリポジトリーにプッシュできない情報もあります。この種の情報のために、Jenkinsにはクレデンシャルストアがあります。そこでクレデンシャルを定義し、ジョブに利用することができます。

  5. [Add credentials] (クレデンシャルの追加)をクリックし、次のように情報を入力します。アカウントIDは[Secret] (シークレット)フィールドに入力します。[OK]をクリックします。
  6. オペレーションを繰り返して、APIキーのクレデンシャルをIDとともに追加します(このサンプルではCONTACTS_API_KEY)。