tQASBatchAddressRowのトラブルシューティング - 7.3

QAS address standardization

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント

tQASBatchAddressRowコンポーネントを使用してジョブを実行すると、次のエラーが発生する可能性があります: QABatchWV_Open failed [-1031] Handle out of range (Unable to close instance)

このエラーを防ぐには、設定ファイルへのパスを更新する必要があります。この例では、パスは"C:/data/Experian/QAS_Batch_API/QAWORLD.INI"です。

手順

  1. [Basic settings] (基本設定)に移動します。
  2. [Specify the configuration file] (設定ファイルの指定)で、/\\に置換します: "C:\\data\\Experian\\QAS_Batch_API\\QAWORLD.INI"
  3. パスを空のままにすることもできます: ""
    パスが指定されていない場合、APIはデフォルトの場所が C:\Program Files\QAS\QuickAddress Batch APIまたはC:\Program Files (x86)\QAS\QuickAddress Batch APIであるインストールフォルダー内に設定ファイルがないかチェックします。