QuickAccess検証レベル(検証ステータス) - 7.3

QAS address standardization

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント

住所は、6つの検証レベルのいずれかに一致させることができます。これらの検証レベルは、tQASAddressRowコンポーネントによって直接返され、チェックされた住所の返された一致タイプを示します。さらに、他のQASコンポーネントの出力フローは、以下の検証レベルの1つ以上に一致するように適合されています。

6つのQuickAddress検証レベルは次のとおりです。

  • [Verified] (検証済み): 検索された住所は、QuickAddressデータ内の単一の配達可能な住所と一致しています。検証結果は、入力および検索した住所とは少し異なる場合があります。これは、フォーマットおよびスペルのエラーが修正され、不足しているエレメントが追加されているためです。この一致タイプが返された場合、それ以上のユーザー操作は必要ありません。

  • [Interaction required] (インタラクションが必要): 検索された住所は、QuickAddressデータ内の単一の配達可能な住所と一致しますが、上記の 検証済みレベルと比べて一致の信頼性が劣ります。したがって、正しい住所であることを確認するために、ユーザーのインタラクションをお勧めします。

  • PremisesPartial: 検索された住所は、QuickAddressデータの完全な配達可能な結果とは一致せず、部分的に完全な住所と一致しています。

    たとえば、住所はQuickAddressデータ内の敷地に一致しますが、完全な配達可能な一致は見つかりませんでした: "Flat A, 63 Southerton Road, London"ではなく、"63 Southerton Road, London"。

  • StreetPartial: 検索された住所は、QuickAddressデータの完全な配達可能な結果とは一致せず、部分的に完全な住所と一致しています。

    たとえば、住所はQuickAddressデータ内のストリートに一致しますが、完全な配達可能な一致は見つかりませんでした: "88 Kew Road, Richmond"ではなく、"Kew Road, Richmond"。

  • Multiple: 検索された住所は、QuickAddressデータの単一の配達可能な結果とは一致せず、代わりに複数の結果と一致しています。

    たとえば、住所は、検索に入力されなかった住所情報によってのみ区別できる2つの同等に有効な住所と一致します。

    したがって、必要な住所を選択するには、ユーザーのインタラクションが必要です。

  • None: 検索された住所は、QuickAddressデータ内の配達可能などの結果とも一致しませんでした。この一致タイプが返される場合、住所の検証は不可能であり、送信された住所を代わりに使う必要があります。