tQASBatchAddressRow標準プロパティ - 7.3

QAS address standardization

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtQASBatchAddressRowを設定するために使います。

Standard tQASBatchAddressRowコンポーネントはデータクオリティファミリーのコンポーネントです。

このコンポーネントは、Talend Data Management PlatformTalend Big Data PlatformTalend Real Time Big Data PlatformTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

ジョブ内の前のコンポーネントからスキーマを取得するには、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックします。

 

[Built-In] (組み込み): このコンポーネントに対してのみスキーマを作成し、ローカルに保管します。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

 

Repository (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されており、さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

[Edit schema] (スキーマの編集)

[...]ボタンをクリックして、アドレスデータの入力スキーマと出力スキーマを定義します。

tQASBatchAddressRowから取得するフォーマット済みデータを出力するために必要なすべてのカラムを、出力スキーマで必ず定義してください。カラムは、[Country] (国)リストで選択した国のQAWORLD.INIで設定された行数によって異なります。

[QAS Version] (QASバージョン)

tQASBatchAddressRowに使うQASバッチバージョンをリストから選択します。

Country

入力アドレスに対応する国をリストから選択します。

グローバル出力スキーマが必要な場合は、このリストからUniversalを選択します。

[Choose the address column] (住所カラムを選択)

分析する住所カラムをリストから選択します。

[Specify the configuration file] (設定ファイルの指定)

[...]ボタンをクリックして参照し、設定ファイルQAWORLD.INIへのパスを設定します。

詳細設定

[tStat Catcher Statistics] (tStatキャッチャー統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

Global Variables

Global Variables

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細については、「 TTalend Studio ユーザーガイド」を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは中間ステップです。入力フロート出力フローが必要になります。

制限/前提条件

このコンポーネントを使う前に、Experian QASが提供するQASバッチアプリケーションをインストールする必要があります。