ジョブを設定する - 7.3

QAS address standardization

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、入力スキーマを保存した[Metadata] (メタデータ)とファイルノードを展開し、該当するファイルをデザインワークスペースにドロップします。
    [Components] (コンポーネント)ダイアログボックスが表示されます。
  2. リストからtFileInputDelimitedを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    tFileInputDelimitedコンポーネントがワークスペースに表示されます。このシナリオで使う入力ファイルは、address_templateです。これはフランスのクライアントの個人情報を保持するcsvファイルです。
  3. コンポーネントtMaptQASAddressRowtFilterRowtLogRow[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  4. [Main] (メイン)リンクを使ってtFileInputDelimitedtMapに、tQASAddressRowtFilterRowに、[New Output] (新しい出力)リンクを使ってtMaptQASAddressRowに、[Filter] (フィルター)リンクを使ってtFilterRowtLogRowに接続します。