コンポーネントを設定する - 7.3

QAS address standardization

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント

始める前に

  • QASから関連する国のデータセットをインストールしたことを確認してください。
  • QAWORLD.INIファイルのデフォルトの出力レイアウトパラメーターが適切であることを確認するか、必要に応じて関連国のパラメーターを編集します。

QAWORLD.INIファイルの編集の詳細は、QASファイル内で設定パラメーターを設定するを参照してください。

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
  2. [Edit Schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、addrという1つのカラムを追加します。[OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
  3. 入力カラムのデータを定義します。
    1. [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Table] (インラインテーブルを使う)を選択します。
    2. [+]ボタンをクリックしてテーブルに行を追加します。
    3. 各行をクリックして、入力住所を入力します。
  4. tQASBatchAddressRowコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)を表示し、コンポーネントのプロパティを定義します。
  5. [QAS Version] (QASバージョン)リストから、インストールしたQAS Batch APIのバージョンを選択します。この例ではQAS V7.50(+)です。
  6. [Country] (国)リストから、入力住所に対応する国を選択します。
  7. [Choose the address column] (住所カラムを選択)リストから、分析する住所カラムを選択します。この例ではaddrです。
  8. [Specify the configuration file] (設定ファイルの指定)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ローカルにインストールされているQAS設定ファイルを参照します。
  9. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、フォーマット済みの住所を保持するために必要なカラムを出力スキーマ内に定義します。

    出力スキーマは、QAWORLD.INIファイルで選択した国の出力レイアウトによって異なります。

  10. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、[Mode] (モード)エリアから[Table] (テーブル)を選択して、ジョブの実行結果をテーブルセルに表示します。