QASファイルに基づいて住所を編集し、検証ステータスを付与する - 7.3

QAS address standardization

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオのTalend Studioで作成された3つのコンポーネントのジョブは、tQASBatchAddressRowコンポーネントを使って入力カラムを分析し、フォーマットされた正しい住所と検証ステータスをコンソールに表示します。