tQASBatchAddressRow - 7.3

QAS address standardization

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > QASアドレス標準化コンポーネント

フォーマットまたはスペルのエラーを修正し、欠落したデータを追加し、各行の検証ステータスを示します。

実際、住所には、QASファイルの単一の配達可能な結果と一致する十分な情報が常にあるとは限りません。検証ステータスの詳細は、QuickAccess検証レベル(検証ステータス)を参照してください。

ここで説明する住所管理コンポーネントは、グローバルな住所データクオリティの世界的リーダーの1つであるExperian QASとの Talend コラボレーションの結果です。

企業とそのソフトウェアツールについては、https://www.edq.com.を参照してください。

tQASBatchAddressRowは、カラム内の住所を検証します。動的ライブラリーを使って、各行を反復処理し、ローカルにインストールされたQASバッチアプリケーションに基づいて入力アドレスを読み取ります。ダイナミックライブラリーファイルの拡張子は、Windowsでは.dll、Linuxでは.soです。

このコンポーネントがtQASAddressRowに優っている点は、住所データを検証できるようにWebサービスを呼び出さないことです。このコンポーネントは、QASファイルを使って住所を検証し、特に大量のデータを扱う場合にパフォーマンスを最適化します。

インストールと設定パラメーターの詳細については、それぞれ QuickAddress BatchおよびQASファイル内で設定パラメーターを設定するを参照してください。

tQASBatchAddressRowは、LinuxとWindowsの両方でQAS Batch 4.80と7.53を使います。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。