cMail標準プロパティ - 7.3

Mail (メディエーション)

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > メールコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > メールコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > メールコンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcMailを設定するために使います。

Standard cMailコンポーネントはConnectivityファミリーのコンポーネントです。

基本設定

[Protocol] (プロトコル)

メールを送受信するためのプロトコルのリスト。

[Host] (ホスト)

メールサーバーのホスト名。

[Port] (ポート)

メールサーバーのポート番号。

[UserName] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

ログイン認証データ。パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Subject] (件名)

送信されるメールの件名。

[Content Type] (コンテンツタイプ)

メールのコンテンツタイプ。

From (差出人)

メール送信者。

[To] (宛先)

メール受信者。

CC

メールのCC受信者。複数のメールアドレスはコンマで区切ります。

BCC

メールのBCC受信者。複数のメールアドレスはコンマで区切ります。

詳細設定

[Arguments] (引数)

[+]ボタンをクリックして、必要な数の行を[Arguments] (引数)テーブルに追加します。次に、引数の名前と値を入力します。

使用方法

使用ルール

開始コンポーネントとして使う場合、cMailはメールを受信するためのものです。それ以外の場合は、メールを送信するためのものです。

制限事項

ライセンスの互換性の問題のため、このコンポーネントの使用に必要な1つ以上のJARが提供されていません。この特定のコンポーネントに不足しているJARをインストールするには、Component (コンポーネント)タブビューの[Install] (インストール)ボタンをクリックします。Studioの Integration パースペクティブの[Modules] (モジュール)タブでも、不足しているすべてのJARを簡単に見つけて追加できます。詳細は、外部モジュールのインストールを参照してください。