データベース接続の作成 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform入門ガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発

Talend Studioで再利用可能なデータベース接続を作成します。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ)ノードを展開します。
  2. [Db Connections] (DB接続)を右クリックし、[Create connection] (接続の作成)をクリックします。
  3. 接続の名前(connection_mysqlなど)を入力します。
    Talend Management Consoleでの接続の作成に使える変数を作成できるよう、名前はconnection_で始めてください。
  4. オプション: [Purpose] (目的)[Description] (説明)を入力します。
  5. [Next] (次へ)をクリックします。
  6. データベースのタイプを[DB Type] (DBタイプ)フィールドで選択します。この例ではMySQLを選択しています。
  7. データベース情報を入力します。

    例え

  8. [Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)をクリックし、データベース情報からコンテキスト変数を作成します。
    1. [Create a new repository context] (新しいリポジトリーコンテキストの作成)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
    2. コンテキストグループの[Name] (名前)[Purpose] (目的)[Description] (説明)を入力し、[Next] (次へ)をクリックします。
    3. [Finish] (終了)をクリックします。

      例え

  9. [Test connection] (テスト接続)をクリックします。テストが成功したら[OK]をクリックして[Finish] (終了)をクリックします。
  10. [Metadata] (メタデータ) > [Db Connections] (DB接続)の順にノードを展開し、接続を右クリックして[Retrieve schema] (スキーマの取得)をクリックします。
  11. ダイアログボックスが表示されたら、デフォルト設定のままで[Next] (次へ)をクリックします。
  12. moviesテーブルを選択します。
  13. [Next] (次へ)をクリックして[Finish] (終了)をクリックします。

タスクの結果

データベースパラメーターが保存され、データベースサービスで再利用できるようになります。