Talend StudioのTalend Cloudへの接続 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform入門ガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
組織内のWebユーザーがStudioでデザインされたアーティファクトと連携できるようにするには、Talend Cloudに公開する必要があります。接続が確立されると、Talend Studioからのシナリオの更新はすぐにクラウドにプッシュできます。

手順

  1. Studioのメニューバーで、 [Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)を選択します。
  2. 環境設定リストで、Talend > Talend Cloudを選択します。
  3. [Authentication] (認証)モードを選択します: [Access token] (アクセストークン)または[Login name and password] (ログイン名とパスワード)
    重要: Talend CloudアカウントでSSOが有効な場合は、ここでは[Access token] (アクセストークン)認証モードを使用する必要があります。
  4. 選択されているモードに応じて、[Access token] (アクセストークン)またはアカウントのユーザー名とパスワードを入力します。
    • アクセストークンは、Talend Cloud内のプロファイル環境設定で生成できます。
    • ユーザー名やパスワードが不明の場合は、Talend Cloudに接続して[Forgot link/password?] (リンク/パスワードを忘れた場合)をクリックします。

    次のリストはTalend Cloud URLの例です。

    利用できる環境の詳細は、Talend CloudのリージョンとURLを参照してください。

  5. [Advanced] (詳細)チェックボックスをオンにし、[Service URL] (サービスURL)ドロップダウンリストからデータセンターを選択します。

    例え

    クラウドへのアーティファクトの公開時にパフォーマンスを最適化するために、[Accelerate publish] (公開の高速化)チェックボックスがデフォルトでオンになっています。

  6. オプション: Talend Studio 6.5を使用している場合は、Talend Cloudアカウントのリージョンに従ってサービスURLを[Integration Cloud]タブに入力します。
    • 米国: https://tmc.us.cloud.talend.com/inventory
    • 欧州: https://tmc.eu.cloud.talend.com/inventory
    • アジア太平洋: https://tmc.ap.cloud.talend.com/inventory
  7. [Test Connection] (接続のテスト)をクリックしてTalend Cloud Management Console Webアプリケーションへの接続をテストします。
  8. [Apply] (適用)をクリックして設定を保存します。
  9. 環境設定リストで、Talend > [Performance] (パフォーマンス)を選択します。
  10. [Default connection timeout (seconds)] (デフォルト接続タイムアウト(秒))を調整します。
    タイムアウト値はデフォルトで5秒に設定されています。ただし、遅いネットワークの場合にはこれでは十分でない可能性があります。値は300秒に設定することをお勧めします。
  11. [Apply] (適用)をクリックして設定を保存し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを閉じます。
    接続が確立され、これでアーティファクトをTalend Cloud Management Consoleに公開できるようになりました。