API定義のTalend Studioへのインポート - Cloud

Talend Cloud API Services Platform入門ガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発

API定義をデータサービス内で使うには、Talend Cloud API DesignerからTalend Studioに直接インポートします。

始める前に

これで、StudioがTalend Cloudアカウントに接続されます。

手順

  1. [Window] (ウィンドウ) > [Perspective] (パースペクティブ) > Integrationの順にクリックして、Talend StudioIntegrationパースペクティブを開きます。
    Studioの表示は以下のようになります。
  2. [Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ)ノードを展開します。
  3. [REST API Definitions] (REST API定義)を右クリックし、[Create API definition] (API定義の作成)を選択します。
  4. ウィンドウが開いたら、[Import from API designer] (API Designerからインポート)を選択し、API定義(この例ではMovie catalog API)を選択します。
  5. [Next] (次へ)をクリックします。
  6. オプション: [Purpose] (目的)を入力します。
  7. [Finish] (終了)をクリックします。

タスクの結果

これで、API定義が[REST API Definitions] (REST API定義)ノードの下に表示されます。