Talend Cloud API Services Platform 製品アーキテクチャ - Cloud

Talend Cloud API Services Platform入門ガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発

Talend Cloud API Services Platformでは、Talend Cloud API DesignerTalend Cloud API TesterでAPIをデザイン、ドキュメント化、テストし、Talend StudioTalend Cloud Management Consoleを使って実装およびデプロイできます。

この図は、2つの主要な部分であるローカルネットワークとクラウドインフラストラクチャーという2つの主要な部分に分かれています。

ローカルネットワーク

ローカルネットワークには、web ブラウザー、Talend Cloud API TesterGoogle Chrome 拡張機能、Talend StudioおよびRemote Engineが含まれています。

お使いのWebブラウザーから、さまざまなクラウドアプリケーションにアクセスできます。

  • Talend Studioでは、Talend Cloud API DesignerからAPI定義を直接インポートして使用し、サービスを実装します。続いて、Talend Cloud API TesterでAPIをテストし、Talend Cloudに公開します。
  • Talend Cloud API Testerで、リクエストとシナリオを作成またはインポートし、APIをテストします。Mavenプラグインを使用してテストを自動化することもできます。

Remote Engineは、オンプレミスでアーティファクトとタスクを実行するために使用されます。

クラウドインフラストラクチャー

クラウドインフラストラクチャーには、クラウドアプリケーションが含まれます。

  • Talend Cloud API Designerでは、APIを設計したり、既存の定義をインポートし、そのドキュメンテーションを公開してモックを作成できます。その後、OpenAPI仕様/SwaggerまたはRAMLで定義をエクスポートします。また、デザインのどのステップでもTalend Cloud API TesterでAPIをテストできます。
  • Talend Cloud Management Consoleでは、ロール、ユーザー、プロジェクト、ライセンスを管理します。クラウドアプリケーションの新しいユーザーを作成し、カスタムグループに割り当てます。その後、ロールを決定してユーザーに割り当てます。Talend Cloud Management Consoleは、ライセンスファイルをインポートし、Studioで共同作業するプロジェクトを作成するためも使用されます。