環境の作成 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform入門ガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発

環境を作成し、テストで変数を使います。

このタスクについて

テストの実行中にモックとサービスを容易に切り替えられるよう、URL変数を使って2つの環境を作成できます。

手順

  1. テストプロジェクトを開き、ウィンドウの右上にある[Add an environment] (環境を追加)をクリックします。
  2. 環境に名前(たとえばMock)を入力し、[Create] (作成)をクリックします。
  3. [Name] (名前)フィールドにendpointを、[Value] (値)フィールドにモックエンドポイント(たとえば、https://e5df96j.us.api-mocks.com)をそれぞれ入力します。
    注: モックエンドポイントは、Talend Cloud API DesignerでAPIの一般設定を開いて確認できます。
  4. [Add an environment] (環境を追加)をクリックし、新しい環境に名前(たとえばService)を付けます。
  5. [Copy variables from] (変数のコピー元)チェックボックスをオンにし、ドロップダウンリストでMockを選択します。
  6. endpoint変数の値をTalend Cloud API Designerで入力したエンドポイントに置き換えます。
  7. [Close] (閉じる)をクリックします。

タスクの結果

これで環境が作成されました。ここで、リクエスト内のベースURLを${"endpoint"}に置き換えることができます。対応する環境を選択することで、モックとサービスURLを切り替えられるようになります。