デプロイ済みAPIのテスト - Cloud

Talend Cloud API Services Platform入門ガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発

APIがTalend Cloud Management Consoleでデプロイされたら、Talend Cloud API Testerを使ってテストを実行できます。

このタスクについて

この例ではテストシナリオの作成で作成したシナリオが使われていますが、シナリオを新規作成することもできます。

手順

  1. Talend Cloud API TesterMovie catalog APIプロジェクトを開きます。
  2. 関連する環境を選択し、エンドポイントが正しいことを確認してください。

    例え

  3. Scenario 1の右側にあるアイコンをクリックし、[Copy] (コピー)を選択します。
  4. コピーにScenario 2という名前を付けます。
  5. Add a movieリクエストを2回コピーし、コピーの名前をAdd a second movieAdd a third movieに変更します。
  6. POSTリクエストで、リクエスト本文内に映画を入力します。

    例え

    <movie>
        <movieId>8</movieId>
        <title>Booksmart</title>
        <releaseYear>2019</releaseYear>
        <director>Olivia Wilde</director>
        <price>4.99</price>
    </movie>
    <movie>
        <movieId>9</movieId>
        <title>A Quiet Place</title>
        <releaseYear>2018</releaseYear>
        <director>John Krasinski</director>
        <price>4.99</price>
    </movie>
    <movie>
        <movieId>10</movieId>
        <title>Selma</title>
        <releaseYear>2014</releaseYear>
        <director>Ava DuVernay</director>
        <price>4.99</price>
    </movie>
  7. Get a list of moviesリクエストを開き、以下のアサーションを追加します。
    ソース パスセレクター Operator (オペレーター) 予想値
    ステータスコード - Equals 200
    XML body //movies/movie[last() - 2]/title Equals ${"Movie catalog API"."Scenario 2"."Add a movie"."request"."body".xPath("/movie/title")}
    XML body //movies/movie[last() - 1]/title Equals ${"Movie catalog API"."Scenario 2"."Add a second movie"."request"."body".xPath("/movie/title")}
    XML body //movies/movie[last()]/title Equals ${"Movie catalog API"."Scenario 2"."Add a third movie"."request"."body".xPath("/movie/title")}

    これらのアサーションは、データベース内の最後の3つの映画のタイトルが、このシナリオで送信された3つのリクエストのタイトルに一致するかどうかを確認します。

  8. 左パネルでシナリオの左側にある再生ボタンをクリックし、シナリオを実行します。

タスクの結果

リクエストは定義した順序で送信されました。