キャンペーンIDを使ってタスクを動的に書き込む - 7.3

Data Stewardship

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント

手順

  1. tDatastewardshipTaskOutput[Component] (コンポーネント)ビューを開き、[Advanced settings] (詳細設定)をクリックします。
  2. [Campaign ID] (キャンペーンID)フィールドに、context.に続いてDevキャンペーンのコンテキスト変数(この例ではcontext.CampaignId_Dev)の値を入力します。
  3. ジョブを実行します。
    タスクはTalend Data Stewardshipインスタンス上に定義されたDevキャンペーン内に書き込まれます。
  4. タスクをQAまたはProdキャンペーンに書き込むには、context.の後ろの値をCampaignId_QAまたはCampaignId_Prodにそれぞれ変更し、ジョブを実行します。
    同じジョブが、キャンペーンIDをコンテキスト変数内のパラメーターとして使って、同じTalend Data Stewardshipインスタンス上にホストされているDev、QA、Prodキャンペーンに値を入力します。