スチュワードシップタスクを削除するジョブの作成 - 7.3

Data Stewardship

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント

この例では、Talend Data Stewardshipに接続するジョブを作成し、複数のキャンペーンからタスクを削除し、Talend Studioログコンソールで削除されたタスクをメタデータと共に一覧表示します。

以下に示す例をレプリケートするには、このヘルプページの左側のペインの[Downloads] (ダウンロード)タブからtdatastewardshiptaskdelete_remove_tasks.zipファイルを取得します。

tDataStewardshipTaskDeleteはスタンドアロンコンポーネントであり、出力コンポーネントなしでジョブで使えます。

このサンプルで使用されるキャンペーンは以下のとおりです:
  • [Arbitration] (アービトレーション)キャンペーン、[Beta Candidates] (ベータ候補)ではベータテスティングプログラムの候補者のタスクが保管されます。

  • [Resolution] (レゾリューション)キャンペーン、[Product Catalog] (製品カタログ)では企業の製品のタスクが保管され、

  • [Merging] (マージング)、[CRM Data Deduplication] (CRMデータ重複除去)では企業CRMシステムから取得した顧客データのタスクが保管されます。

  • [Matching on Spark] (Sparkでのマッチング)キャンペーンでは企業の製品カタログから取得した企業製品のタスクが保管されます。

始める前に

  • タスクを削除するキャンペーンは、既にTalend Data Stewardshipで定義されており、タスクが設定されています。

  • Talend Administration Centerにキャンペーン所有者ロールで割り当てられており、 サーバー上のキャンペーンにアクセスが許可されています。

手順

  1. デザインワークスペースでtDataStewardshipTaskDeleteと入力し、表示されるリストからこのコンポーネントを選択します。作業を繰り返して、ワークスペースに3つのtDataStewardshipTaskDeleteコンポーネントを追加します。
  2. 同じようにしてワークスペースに3つのtLogRowコンポーネントを追加します。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使ってtDataStewardshipTaskDeleteコンポーネントをtLogRowコンポーネントにリンクします。
  4. [Trigger] (トリガー) > OnSubjobOkリンクを使ってtDataStewardshipTaskDeleteコンポーネント同士をリンクします。