スチュワードシップキャンペーンからタスクを削除する - 7.3

Data Stewardship

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
3つのtDataStewardshipTaskDeleteコンポーネントを設定して、Talend Data Stewardshipで定義されている[Arbitration] (アービトレーション)[Resolution] (レゾリューション)、および[Merging] (マージング)キャンペーンからタスクを削除します。

手順

  1. 最初のtDataStewardshipTaskDeleteをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [URL]フィールドに、アプリケーションのアドレスを/data-stewardship/のサフィックスを付けて入力します(例、http://localhost:19999/data-stewardship/)。

    Talend Cloud Data Stewardshipを使用している場合は、対応するデータセンターのURLを使用してアプリケーションにアクセスします。たとえば、AWS USデータセンターの場合はhttps://tds.us.cloud.talend.comです。

    利用できるデータセンターのURLは、Talend CloudのリージョンとURLを参照してください。

  3. [Username] (ユーザー名)および[Password] (パスワード) フィールドに、サーバーのログイン情報を入力します。
    パスワードを入力するには、フィールドの横にある[…]をクリックし、開いたダイアログボックスの二重引用符の間にパスワードを入力して[OK]をクリックします。
    Talend Cloud Data Stewardshipを使用していて:
    • SSOが有効な場合は、アクセストークンをフィールドに入力します。
    • SSOが有効でない場合は、アクセストークンまたはパスワードをフィールドに入力します。
  4. [Find a campaign] (キャンペーンの検索)をクリックして、Talend Data Stewardshipで定義されていて、所有者であるかアクセス権のあるキャンペーンを一覧表示するダイアログボックスを開きます。
  5. カラムヘッダーをクリックすると、テキストカラムではアルファベット順に、日付カラムでは時系列にリストが並べ替えられて表示されます。タスクを削除するキャンペーンを選択し、最初のコンポーネントにBeta Candidates (ベータ候補)を指定し、[OK]をクリックします。
    [Label] (ラベル)、および[Type] (タイプ)フィールドには、選択したキャンペーンのメタデータが自動的に入力されます。
    選択したキャンペーンのスキーマはサーバーから取得され、読み取り専用になります。データカラムは、最初のデータ型に関係なくString型となります。[Edit Schema] (スキーマの編集)をクリックすると表示できます。タスクのメタデータを入力するため、予備のカラムがいくつかスキーマに追加されます。
  6. Talend Data Stewardshipサーバーで定義されているスキーマの種類が一致しない場合もタスクを削除するには、[Override enforcement of data model] (データモデルの強制上書き)チェックボックスをオンにします。
  7. Beta Candidates (ベータ候補)キャンペーンから削除するタスクを次のようにフィルタリングします:
    • [State] (状態)リストから解決済みタスクを選択して削除します。

      注: 新規か解決済みかに関係なく、または、キャンペーンワークフローで定義されたどの検証状態であるかに関係なく、タスクを状態に基づいてフィルタリングし、削除できます。
    • [Assignee] (割り当て先)リストから[No Assignee] (割り当て先なし)を選択して、どのキャンペーン参加者に割り当てられたタスクも削除します。

    • [Priority] (優先度)リストから[Any Priority] (任意の優先度)を選択して、どの優先度レベルがタグ付けされているタスクも削除します。

    • [Choice] (選択)リストから[No] (いいえ)を選択して、ベータテストプログラムで承認されていない候補者のタスクを削除します。

  8. [Tags] (タグ)フィールドに、タスクに関連付けるタグを入力し、コンマを使って複数のタグを分割します。
  9. [Query] (クエリー)フィールドに、必要に応じてコンポーネントのプロパティで定義したフィルターの絞り込みに使うクエリーステートメントを入力します。
  10. その他のtDataStewardshipTaskDeleteコンポーネントをダブルクリックし、同じ手順でProduct CatalogMatching on Spark、およびCRM Data Deduplicationキャンペーンで削除するタスクを決定します。