マージングキャンペーンへのタスクの書き込み - 7.3

Data Stewardship

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
tDataStewardshipTaskOutputコンポーネントを設定して、Talend Data Stewardshipで既に定義されており、入力ファイルのデータと同じデータモデルを持つ[CRM Data Deduplication] (CRMデータ重複除去)キャンペーンに類似したレコードのグループを読み込みます。

手順

  1. tDataStewardshipTaskOutputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic setting] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [URL]フィールドに、アプリケーションのアドレスを/data-stewardship/のサフィックスを付けて入力します(例、http://localhost:19999/data-stewardship/)。

    Talend Cloud Data Stewardshipを使用している場合は、対応するデータセンターのURLを使用してアプリケーションにアクセスします。たとえば、AWS USデータセンターの場合はhttps://tds.us.cloud.talend.comです。

    利用できるデータセンターのURLは、Talend CloudのリージョンとURLを参照してください。

  3. [Username] (ユーザー名)フィールドと[Password] (パスワード)フィールドにログイン情報を入力します。
    パスワードを入力するには、フィールドの横にある[…]をクリックし、開いたダイアログボックスの二重引用符の間にパスワードを入力して[OK]をクリックします。
    Talend Cloud Data Stewardshipを使用していて:
    • SSOが有効な場合は、アクセストークンをフィールドに入力します。
    • SSOが有効でない場合は、アクセストークンまたはパスワードをフィールドに入力します。
  4. [Find a campaign] (キャンペーンの検索)をクリックして、Talend Data Stewardshipで定義されていて、所有者であるかアクセス権のあるキャンペーンを一覧表示するダイアログボックスを開きます。
  5. カラムヘッダーをクリックすると、テキストカラムではアルファベット順に、日付カラムでは時系列にリストが並べ替えられて表示されます。タスクを書き込むキャンペーンを選択し、[CRM Data Deduplication] (CRMデータ重複除去)をクリックして、[OK]をクリックします。

    [Label] (ラベル)および[Type] (タイプ)フィールドには、キャンペーンメタデータが自動的に入力されます。

    選択したキャンペーンのデータモデルはアプリケーションから取得され、読み取り専用になります。一部のカラムは、以下を含めてデフォルトで追加されます:
    • TDS_DUE_DATEでは、YYYY-MM-DD HH:mm:ssの形式でタスクの期日が指定されます。期日は、キャンペーンで定義したタスクの解決の遅延に応じて自動的に計算されます(該当する場合)。
    • TDS_EXTERNAL_IDを使用して、ジョブで定義したタスク識別コードを指定できます。
    • TDS_GIDでは、タスク内のレコードをグループ化できます。単一のタスク内でグループ化するソースレコードにはすべて、同じTDS_GIDが必要です。
    • TDS_MASTERは、レコードがマスターとソースレコードのどちらであるかを示します。

      特定のタスクに対してマスターとして設定されているソースがない場合、Talend Data Stewardshipでは、キャンペーン作成時に定義したサバイバーシップルールに基づいてマスターレコードを作成するために使用する、一致レコードの属性が決定されます。

    必要に応じて[Edit Schema] (スキーマの編集)をクリックしてスキーマを表示できます。

    tDataStewardshipTaskOutputの出力スキーマでは、デフォルトで生成されるものを除き、最初のデータ型に関係なく、すべてのカラムに常にString型が使用されます。

  6. Talend Data Stewardshipで定義されているスキーマの種類が一致しない場合も新しいタスクを読み込むには、[Override enforcement of data model] (データモデルの強制上書き)チェックボックスをオンにします。
  7. [Merging] (マージング)キャンペーンに書き込むタスクのメタデータを以下のように設定します:
    • [State] (状態)リストから書き込むタスクを選択し、[New] (新規)ステータスを割り当てます。

    • [Assignee] (割り当て先)リストから[No Assignee] (割り当て先なし)を選択して、キャンペーン参加者の割り当てを待機しているキャンペーンにタスクを書き込みます。

    • [Priority] (優先度)リストでデフォルト値を変更しないでください。

      レベルが選択されない場合、デフォルトでは[Medium] (中)が使用されます。

  8. [Tags] (タグ)フィールドに、タスクに関連付けるタグを入力し、コンマを使って複数のタグを分割します。
    このタグを使用して、キャンペーンにロードするタスクをフィルタリングできます。
  9. [Comments] (コメント)テーブルに、必要に応じて1つまたは複数のカラムのコメントを入力します。
  10. [Advanced settings] (詳細設定)をクリックして、対応するビューを開き、各回のコミットに含めるタスクの数を[Max tasks per commit] (コミットごとの最大タスク数)フィールドに設定します。
    Talend Data Stewardshipのバッチサイズに制限はありません(オンプレミス)。ただし、Talend Cloud Data Stewardshipのコミットごとに200タスクを超過しないようにしてください。そうしないとジョブは失敗します。