さまざまなTalend Data Stewardshipインスタンスの同じキャンペーンにタスクをダイナミックに書き込む - 7.3

Data Stewardship

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
さまざまなTalend Data Stewardshipインスタンスでタスクを同じキャンペーンに動的に書き込みます(最初はテストインスタンス、次に本番インスタンス)。

手順

  1. tDataStewardshipTaskOutputコンポーネントの[Component] (コンポーネント)ビューを開き、[Basic settings] (基本設定)をクリックします。
  2. context.に続いて、Talend Data Stewardshipインスタンスの各コンテキスト変数の値を、対応するURLフィールド、[Username] (ユーザー名)フィールド、[Password] (パスワード)フィールドに入力します。この例では、context.TdsServerURLcontext.TdsServerUsernamecontext.TdsServerPasswordです。
  3. ジョブの下にある[Context] (コンテキスト)ビューで、[Default context environment] (デフォルトコンテキスト環境)ドロップダウンリストからTestを選択します。
  4. ジョブを実行し、タスクをテストTalend Data Stewardshipインスタンスのキャンペーンに書き込みます。
  5. ジョブの下にある[Context] (コンテキスト)ビューで、[Default context environment] (デフォルトコンテキスト環境)ドロップダウンリストからProductionを選択します。
  6. ジョブを再び実行し、タスクを本番Talend Data Stewardshipインスタンスのキャンペーンに書き込みます。
    コンテキスト変数にTalend Data Stewardship接続パラメーターを使って、2つの異なるTalend Data Stewardshipインスタンスで、同じジョブにより、同じデータモデルが2つのキャンペーンに入力されます。